2009年12月06日

嬉しき哉

久々に「ひょっこり会う」というのは嬉しいものだ。
 
ひとりは、久間勝彦さん。劇団6番シードの前主宰で、脚本家・演出家。劇団6番シードさんには今も時々お世話になっているが、その劇団6番シードの「おもてなしの気持ち」の礎を築いた人だ。久間さんの夢は「小屋を作ること」だった。自分たちがいつでも好きなときに自由に公演ができるようにという想いを込めて、難しい劇団経営を(小劇場界にあっては珍しく)確実にしっかりやってきた方だ。暫く連絡をとっていなかったが、とある撮影の際にひょっこりお会いしたところ、来春に向けて今熱いエリア・池袋にて壮大な夢に実現へ事を着々と進められていると聞いた。
想いは叶う。言うのは簡単だが実現・実行できる人はそういない。素晴らしい!
 
そしてもうひとりは、
続きを読む
posted by toku at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | toku_diary