2009年04月25日

おめぇ、何様だ?!

俺はつい先ほどまで知らなかったが、先週(? だったけ?)DVD用を兼ねて撮影させていただいた劇団さんの某舞台監督が、うちのshinryにナマこいたらしい。
もしその場でshinryからその話を聞いていたら、即撤収は間違い無し。撮影などせずに、おまけにテーブルひっくり返して踵を返したことだっただろう。
 
 shinryが俺の性格を見抜いていたのか(恐らくそうでごじゃる…)、それとも別の理由があったのか詳細は知らぬが、相互に信頼し相互協力のもとに成立するパートナー(餅屋は餅屋)であり、スタッフのなかで誰が「天狗様」なのか「下僕」なのか、知ったこっちゃねぇ。自ら出来ないことをお願いして「達成」したり「実現」したりするなかで、勘違い野郎がいるのは許せぬ。
 
舞台関係者のなかで「映像嫌い」な輩がいるのは百も承知。だが、この時代の舞台で映像も何かしらの形で必要なのは至極当然。
 
であれば、まぁ、お互い妥協点を探り合っていくのが筋や仁義というもの。
 
「天狗」の鼻が見えれば見えるほど、その謂われ無き鼻をへし折りたい@俺。
posted by toku at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | toku_diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28675385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック