2009年11月13日

ここ1−2年

テアプラやってて嬉しい事。
色々な劇団の作家さんが、色んな「場」で脚本提供されたり外部演出されたり。
それが仲良し交流ではなくお仕事で繋がって広がっていっている事。
 
折りしも不況の最中。
アゲインストの風がフォローの風になっていることもあるのだろうが、要は「チャンス」が其処此処にあり、それらをかっちり射止めている点が嬉しい。
 
かねてからテアプラをやるにあたり…
常々、「老害」を打破する優秀な人材が闊歩する世間を夢見てきた。
そうなってきている感があるのは俺だけか。
 
皆、頑張って〜♪
 
 
 
posted by toku at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | toku_diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33614602
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック